The Mountain Under Blog TOP  >  プラモ  >  リアルロボット >  V2アサルトバスターガンダム

V2アサルトバスターガンダム

P1060366.jpg

最近V2がMGで出て、Vガンダムリアルタイム世代の自分としてはとても嬉しい限り。
子供の頃は、分かり易くVより強くなったV2が大好きでした。

特に終盤で登場したアサルトバスターは勇者ロボのグレート合体的なカッコ良さがあって尚好みでしたね。
当時、プラモで再現した時は納得のいく完成度に作ってやる事が出来なくて悔しい思いをしたので、
今こそリベンジの時!

P1060369.jpg

写真 2015-12-30 13 03 20

写真 2015-12-30 13 06 51

発売日に買いに行ったきり放置していたら、限定のクリアモデルまで出てしまいましたが
運よく、その限定モデルも手に入ったので通常版と組み合わせて作ってみました。

P1060372.jpg

当初はアサルトバスターのパーツをクリア版に換装したら面白くなるんじゃないかと思ってやってみたのですが
如何せん、プラモのスケール的に小さくて代わり映えがしなく
丸々余ってしまうクリア版の本体が勿体ないのでクリア版本体+通常版アサルトバスターパーツの仕様もつくってお茶を濁しました。

我ながら折角のクリアパーツを上手く活かせていないなぁと。

P1060323.jpg

まずは通常版をベースにした物。アサルトバスターパーツをクリア版に換装してあります。

P1060327.jpg

P1060328.jpg

プレミアムバンダイの光の羽も加えてフル装備。
パーツフル装備にしてしまうとあまり動きが付けられなくなるので、そのボリューム感と存在感が全ての最強装備です。
クリア版とメッキパーツは写真映えします。

P1060329.jpg

P1060332.jpg

P1060331.jpg

本体は全塗装、強化パーツはパールを吹いているのですが
もともと素組でも色分けがなされているプラモなので組みだけでもこの組み合わせには出来ます。
真っ白だった昔の1/100は上手く塗れなくて悔しかったもんなぁ。

P1060333.jpg

P1060336.jpg

P1060337.jpg

アニメではV2は殆ど空を飛んでいましたが、アサルトバスターに光の翼まで付けるとコケやすくなって自立が難しい。
大人しくスタンドで飾るのが良さそうです。

P1060338.jpg

P1060339.jpg

メガビームシールドはアニメの印象からすると小ぶりですが
プラモ的には取り回しが良くていいかもしれません。
折角のクリアパーツなので迷いましたが、色が足りないと味気ないので黒~金~赤の部分は塗装してあります。

P1060340.jpg

P1060341.jpg

落ち着いた色味の金メッキとクリアのバスターパーツが美しい。

P1060343.jpg

続いてV2本体を限定クリア版をベースにした物。

P1060345.jpg

アサルトバスターパーツは濃いメタリックブルーで塗装し、
本体のクリアパーツとの差別化と重厚な感じが出る様に。

P1060348.jpg

通常版のアサルトパーツはノンメッキなのですが、
やっぱりアサルトパーツはメッキだろう!とリアルタイムの1/100の刷り込みがあったので
きらきら工房さんにメッキ処理を依頼し、ついでにメガビームシールドの本体もメッキにしてもらいました。

P1060350.jpg

アニメではシールドのV字からVビームを発射するという凄い機能があったので
ここはメッキにしておきたかったのです。
まさかこうも早く限定版が出てメッキされたアサルトパーツが出るとは思わなかったのが誤算でしたが・・・

P1060351.jpg

P1060353.jpg

きらきら工房さんのメッキも市販品に負けず劣らず豪華な仕上がり!

P1060354.jpg

P1060355.jpg

V2が2機だと!!オリファーさんが生き残っていたらこんな事もあったのか?

P1060358.jpg

P1060359.jpg

P1060360.jpg

P1060361.jpg

P1060364.jpg

リアルタイム補正もあって、かっこいいぞV2。

P1060374.jpg

今回初めて、真面目にクリア版キットと向き合ってみたのですが
その特性を活かすのがとても難しくて、個人的にはイマヒトツな出来になってしまいました。

ストックしてあるMGダブルオークアンタはどうしようかな~
スポンサーサイト
[ 2015年12月30日 14:55 ] カテゴリ:リアルロボット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング