The Mountain Under Blog TOP  >  プラモ  >  SD >  スーパー號斗丸

スーパー號斗丸

プラモウォーズ

リアル號斗丸を作ってから随分時間がたってしまいましたが・・・
ボンボン不朽の名作「プラモウォーズ」より、スーパー號斗丸を制作しました。
イラスト協力:コヤマ ケイスケ君 http://www.pixiv.net/member.php?id=84317

レジェンドBBで號斗丸が出ると聞いた時から、これはつくるしかない、つくる時がきた!と思いまして
正月休みを利用して一気に作りました。

前々から構想だけはあったのでパーツもありましたし、
実は年末に制作した旧版BB戦士の號斗丸はスーパー號斗丸制作用に確保しておいたのですが
ぐずぐずしているうちにレジェンドが出てしまって・・・

それが逆に良かったのかな?(^^;)
今年は正月からプラリーガーハート全開です! P1110968.jpg

P1110970.jpg

プラモウォーズ登場のプラモの多くはパテなどを使用した大改造をせずとも制作できるようになっています。
その中でもスーパー號斗丸は特に小改造で制作できる部類の改造機です。

P1110979.jpg

P1120007.jpg

P1120004.jpg

改造ポイントは4点・・・
・右腕の手甲に取り付けられた烈破頑駄無のナイフ
・通常形態でも、額に爆熱の陣モードで展開される角飾りを接着
・両肩の文字を張破にする
・爆熱の陣モードで展開される羽織の内側にジュエルシールを貼る

そして塗装はスーパーモードの如く全身を金色にすれば完成です!
今回はレジェンドBBの完成度の高さもあって、本体への改造は特にせず、上記の改造以外はストレートに組んであります。
素体が違うこともあり、当時ボンボンに掲載された改造作例をオマージュしつつ
アレンジを加えている部分もありますので、ご注意ください。

P1110969.jpg

スーパー號斗丸はプラモウォーズ初のBB戦士の改造機であり、
当時の最新武者シリーズの主人公が改造ベースだったこともあって
プラモウォーズに登場した時にはすごく興奮した記憶があります。

スーパー號斗丸初登場カットで勇斗が

「BB戦士でバトルするのは初めてだからはやく感じをつかまなくっちゃ」

・・・と言っていたのが印象的でした。

まぁその次の瞬間にいきなり不意打ち攻撃を受けてしまうんですけどw

P1110997.jpg

P1110998.jpg

「くそお!かくれてないで「でてこーい!」
劇中のシーンを再現してみましたw
初のBB戦士、初の女の子の対戦相手・・・とスーパー號斗丸登場回は印象的なキーワードが多かったので
特に記憶に残っていたのかもしれません。

P1110972.jpg

P1110971.jpg

P1120050.jpg

P1120014.jpg

「そろそろ本気でいくぜ!爆熱の陣モード!」

両肩の爆熱の文字は旧版ではシールで再現されていましたが、レジェンドBBでは立体的なモールドで再現されていたので
改造もそれに倣って、プラ板で文字を立体的に処理してみました。

P1120048.jpg

羽織の内側のジュエルシールはオリジナルでは大鋼の、かなり大きめのジュエルシールを使っているのですが
レジェンド號斗丸では羽織がかなり立体的に処理されていて大鋼のものが貼れそうになかったので
小ぶりのジュエルシールを使っています。

P1120027.jpg

P1120028.jpg

マンガの中では実は活躍が短い爆熱の陣モード。

P1120025.jpg

P1120032.jpg

P1120037.jpg

P1120042.jpg

「熱火!爆輪斬!!」
必殺技ポーズも無改造で再現できてしまうレジェンドBB!
この勝負は決まったかに思えたのですが、敵の思わぬ逆襲にあい
これは決め技とはなりませんでした・・・

P1120015.jpg

「しまったヨロイが・・・・」
一瞬の隙を突かれたスーパー號斗丸は吹っ飛ばされ
ヨロイを失ってしまいます。

P1120016.jpg

P1120018.jpg

当時プラモウォーズを読まれた方はご存じだと思いますが、
スーパー號斗丸は軽装タイプも重要な姿なのできっちり塗ってみました。
カラー写真はなかったと思うので、各部はオリジナルで塗っています。
鉢巻が赤いのは勇斗に準じてみました。

P1120043.jpg

P1120030.jpg

P1120047.jpg

P1120044.jpg

カラーチャート
塗装は特に金の塗装に力を入れてみました。
当時のボンボンカラーページに載っていた作例の塗装が単純にゴールドを塗装しただけでない
いわゆるシルバー→クリアゴールドの金色だったのが印象的だったので
数年の時を経て、自分でもやってみました。

本体金:Mr.メタリックカラーGX・GXアイスシルバー → Mr.クリアカラーGX・GXクリアゴールド
角飾り、鎧などの金:Mr.カラースーパーメタリック・スーパーゴールド
角、肩の赤:Mr.メタリクカラーGX・GXメタルレッド
つま先など赤:ガンダムカラー・レッド3
刀:メッキシルバー

墨入れはエナメルカラーのレッドブラウンとフラットブラックを部位によって使い分けています。

今回初めて新色のクリアゴールドを使用しましたが、
個人的に扱いやすく、また面白い塗装表現ができそうな色だと感じました。
青みがかったアイスシルバーに吹いたので緑っぽい金になりましたが、
下地次第でまた違った見え方になるでしょうしね。

P1120022.jpg

ノーマルの號斗丸と・・・
號斗丸は好きな武者だったので、今回一気に2個も作りましたが
このあたりは去年ひたすら同じトランスフォーマーガムを作るという修行を積んだ成果でしょうか?w

プラモウォーズという題材についてですが、これは僕がガンプラ(の改造)にのめりこむきっかけになった作品でありますので
常々今持っている技術で取り組みたいと思っていたのですが、
なかなか自分の中でのタイミングが合わなかったので、
特に今年は自己目標としてプラモウォーズには力を入れてつくっていきたいなと思います。

またこの記事のトップにも記しましたが、今回スーパー號斗丸を制作するにあたり
いつもとは違った見せ方ができないかと考え、
プラモと一緒にキャラクターも見せていけたらと思い、
友人でプロの絵師でもあるコヤマケイスケ君に協力を仰ぎ、キャラクターイラストを描いてもらいました。
忙しい中、絵を仕上げてくれたコヤマ君には本当に感謝です。
また写真とイラストをきれいにレイアウトしてくれた奥さんにも感謝です。お二人ともありがとうございました(^^;)

P1110994.jpg

さてスーパー號斗丸と言えば忘れてはならないのがオプション武装と対戦相手・・・
そちらも引き続きお披露目できるよう、とりあえず準備だけはしていますが
さて完成はいつになるやら・・・

bombom.jpg

この写真は当時のボンボンの切り抜きです。
奇跡的にこのカラーページのみ、当時から現在まで保管しておくことが出来ました。
随分時間がかかってしまいましたが、スーパー號斗丸、やっとつくりあげることが出来て感無量であります。



スポンサーサイト
[ 2013年01月06日 17:21 ] カテゴリ:SD | TB(0) | CM(2)
カッコイい!!

コレは是非麻瑠主號斗丸も造っていただきたい!!

プラモウォーズは私のバイブルでしたw
[ 2013/07/27 10:23 ] [ 編集 ]
マルス號斗丸もそのうち作りたいなと思っているのですが、
なかなか時間が無くて(^^;)
[ 2013/07/29 21:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング