The Mountain Under Blog TOP  >  アニメ >  超攻速ガルビオン メモリアルアートワークス

超攻速ガルビオン メモリアルアートワークス

tumblr_mqn6ah49hX1s81b8oo1_500.jpg

夜空焦がすネオンライト 街は踊るよthrou the night♪

果たしてどのくらいの人がこの本の発売に狂喜しているのか・・・
恐らくそう多くはない(?)ガルビオンファン待望の完全設定資料集!

勿論、発売と同時に超攻速で買って参りました。


僕がガルビオンを知ったのは、国際映画社制作のロボアニメにはまっていた学生時代・・・
ですので、今から軽く7年以上前ですが
その頃からガルビオンはソフト化すらされておらず、
おまけにアニメ自体も打ち切り終了で最終回まで作られていない!

同じ様な打ち切り仲間のレイズナー、バルデイオスの様な劇場版、OVAの様な補填もなく・・・
マイナーという冠が本当に似合うガルビオン!

そんなマイナーロボアニメ・ガルビオンが何故かここに来て異様に盛り上がっており
先日は初の全話ソフト化達成、それ以上にびっくりさせられた
最初にして最高の名が相応しい、本設定資料集の発売!

そもそもガルビオンを見たことがある人が何人いるのかも怪しい中、
こんなに完全な資料集を出してしまう!素晴らしい!

なにより、このブログを書いている僕もガルビオンは一話たりとも見たことがありません!

僕がこの作品に惹かれたのは何よりデザインがかっこいい!と思ったからです。
(国際映画社のロボアニメから!とか、OPがかっこいいから!とか、超攻速の冠詞がかっこいから!とかもありますが)

・マクロスの影響を受けているであろう車から複雑な変形をこなして人型のロボになるガルビオン
・カウンタックっぽい車から変形する、ガルビオンとは別アプローチの2号ロボゼクター
・ヒーローロボのような敵メカ・エクスキャリバー(名前もイカス)
・今見ても古さを感じないチェイサーシリーズ!

断片的な情報から見えたロボットのデザインが本当にかっこよくて
見たことが無いからゆえに余計に作品に対する想像力が膨らんで、
ガルビオンは見たことがないけど好きな作品となっていました。

今回、出版された設定資料集はそんなファンの気持ちを十二分に汲み取ってくれていて
作品全体の資料を網羅しつつ、メカ設定に特に比重を置いている様に見受けられ
各メカの資料が克明に掲載されています。

びっくりしたのは、当時アニメに未登場で終わったメカの設定画・・・
線画のみで終わったゼクター強化形態・バーストゼクター、
ガルビオンとゼクターの合体形態ロード・ファイヤーのカラー設定画が掲載されていたことです。

なんと当時の線画に、オリジナルデザイナーの大畑晃一さんが着彩したものだというから驚き。
このブログを読んでガルビオンは知らないが、気になったという方は是非、この設定資料集を手に取ってみてください。

ここは百聞は一見にしかず・・・かと思うので・・・
最後にガルビオンのかっこよさはOP動画と主題歌からも溢れていますので
是非、ご確認ください。

このOP主題歌も、ちょっと前までは超レア音源だったんですけど
数年でここまでガルビオンに恵まれた環境が整うとは思わなかったですねぇ。
スポンサーサイト
[ 2013年08月04日 23:14 ] カテゴリ:アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング