The Mountain Under Blog TOP  >  プラモ  >  リアルロボット >  L.O.B ORANGE FACE

L.O.B ORANGE FACE

P1150720.jpg

HJ付録のアストレイカスタムキット・カレトヴルッフを使用したコンテストに応募すべく
軽く7年以上寝かせていたL.Oブースターを作りました。

デザイナー的にもG-UNITとアストレイなら相性が良いかなと思っていまして
組む時が来たかなと、作ることにしました。

P1150717.jpg

P1150726.jpg

P1150727.jpg

まずはメインであるカレトヴルッフ。
全くの素組です。

L.Oブースターは素組みでいこうと思っていたので、
可動が少なくて取り回しが難しそうな剣モードは捨てて、
銃モード固定で制作しました。

P1150734.jpg

P1150752.jpg

時間の関係もあって、今回も完成最優先。
L.Oブースターは潔く素組です。

手だけは、さすがにそのままはきつかったのでコトブキヤのパーツに置き換えました。

P1150739.jpg

P1150755.jpg

作っているときに気になる点もいくつかあったのですが、
全体の雰囲気は悪くないです。
発売からかなり経っているので、エッジなどがダレダレなので
最低限のパーツ処理はしています。

P1150759.jpg

P1150761.jpg

カラーチャート

例によって素組な分、色は捻って・・・
特に今回は古いプラモなので本体の完成度をカバーできるくらいのぶっとんだ
カラーリングが必要かなと思い、色々悩んだ挙句
思い切りガンダムっぽくない色にしてみました。

イメージとしてはオレンジのウインドブレーカーを着ている人です。
基の配色を基本に色変えしている内は、
ガンダムっぽさから抜け出ないかなと思い、やってしまったというくらいやってみました。

今回はMr.カラーとガイアカラーも併用しています。

本体オレンジ : ガイアカラー・ピュアオレンジ
グリーン : 蛍光グリーン
赤 : ガンダムカラー・レッド3
下半身グレー : 明灰白色(三菱系)
ソール : 艦底色

グレー系のパンツと、ソールはブーツをイメージしています。

P1150769.jpg

P1150771.jpg

L.Oブースターは発売当時も買ったのですが
上手く塗装できずに破棄してしまった苦い思い出があって
いつか、作りなおしてやりたいと思っていました。

今回やっと念願叶いました。

P1150773.jpg

P1150787.jpg

P1150780.jpg

今回は実験的に蛍光色を多用してみたのですが、
下地や濃度のコントロールなど、扱いが難しいですね・・・
苦手意識があるのですが、積極的に使いこなしていきたいです。

スポンサーサイト
[ 2013年10月14日 20:25 ] カテゴリ:リアルロボット | TB(0) | CM(2)
バーチャロンに出てきそうな雰囲気ですね。

自分は筆塗りすることが多いので蛍光色使うときは白を少量混ぜて隠ぺい力を上げて使うことが多いです。
色合いそのものが変わるのでやり方としてどうかという方法なのですが、下地の影響は若干少なくなってるかなと。



SD悪役祭り・・・・!

なかなか楽しそうですねぇ。
[ 2013/10/14 22:13 ] [ 編集 ]
蛍光入れるとバーチャロンっぽくなりますよね。
蛍光グリーンは迷ったのですが、どうもオレンジだけだと決め手に欠けて・・・
ウインドブレーカーというコンセプトが破たんしてるので
正直、あまりうまくいっていないなぁと・・・

蛍光カラーに白を混ぜる手法、経年すると色が退色してしまった思い出があって
塗るときに躊躇してしまいます。
最近の蛍光カラーは改善されているのかな?

悪役祭り・・・縁あって参加させていただきましたが、
思ったより自分が悪役を作っている事に気が付きました。
[ 2013/10/14 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング