The Mountain Under Blog TOP  >  プラモ  >  リアルロボット >  Xウイングガンダム

Xウイングガンダム

P1150019.jpg

P1150082.jpg

ホビージャパン主催、2013年第16回オラザク選手権への応募作です。
毎年毎年、出そうと思いつつ、構想から制作に行くまでが長すぎて
気が付けば締切間近・・・

なんて事ばかりだったので、今年はとにかく完成させて出品する事を最大目標にして制作しました。
本日、2013年11月23日の時点でHJ編集部からの連絡は無いので、
間違いなく入賞は逃していますので(^^;

来年は入賞を狙ったものを作ってきたいなぁなんて。
以下、追記です。

P1150042.jpg

P1150022.jpg

オラザク出場にあたり、題材にしたのは懐かしのコミックボンボン「プラモウォーズ」より「Xウイングガンダム」
制作時間が短く、制作時間から逆算して作れそうな題材であった事、
また兼ねてからプラモウォーズの機体の製作には取り組みたいと思っており
この機会に制作を決定しました。

P1150028.jpg

Xウイングガンダムはプラモウォーズ登場機体の中でも、
小改造で作れる機体で、オリジナルのベースとなっていたのはHG1/100ウイングガンダムだったのですが
今作るならやっぱりMGを題材にしたい!と思い、
非常に優秀な完成度を誇るMGウイングガンダムをベースに制作をスタート。

P1150075.jpg

Xウイングガンダムはプラモウォーズ初の1/100キットの改造機でした。
そのスペシャル感と、前後編に渡るマンガの熱いストーリーとも相まって
非常に印象深い機体の一つです。
(そのうちコイツの相手役も作ってやりたいと思っていますw)

P1150057.jpg

MGウイングのこの完成度!
本体に関しては無改造でこのクオリティ。

P1150091.jpg

唯一の、ウイングをXウイングにするための改造点、
リアスカートに1/144ウイングガンダムのウイングを装着。
この時はまだHGACが出ていなかったので、旧1/144ウイングの羽をキット2個分使って幅増しして使っています。

P1150082.jpg

Xウイングの真の能力は多彩な変形機構にあり!

P1150140.jpg

P1150136.jpg

「Xウイング」を体現するバードモード!
AGE-2のストライダーモードより早かったw
作ってみて初めて、どのモードでもX字のシルエットが形成されることに驚きました。

P1150162.jpg

P1150159.jpg

「ホバーチェーンジ!」
ガウォーク的なホバーモード。
ただし、MGウイングは旧1/100の頃と違い、バードモードの時に関節がしっかりとロックされる機構の為
こういった中間形態的な変形は上手く出来なかったのが誤算でした・・・
膝関節が機構の関係上、鳥脚の様に出来ないのです。

P1150154.jpg

P1150146.jpg

P1150148.jpg

シールドとライフルが無くたって戦闘機モードになれるんだぜ!!
マンガを読んでいて、これはかなり衝撃的な変形で印象深いです。

P1150108.jpg

P1150107.jpg

皆のプラリーガーハート確かに受け取ったよ・・・!
爆熱ゴッドフィンガーモード

ウイングガンダムでゴッドフィンガーを出してしまう!
シンプルな改造でここまでアイデアを広げられるXウイングには本当に驚かされました。

P1150109.jpg

P1150113.jpg

爆熱!レインボーフィンガー!!

P1150117.jpg

BB戦士ゴッドガンダムのゴッドフィンガーパーツを使って必殺技も再現。

P1150121.jpg

長年温め続けてきたネタをやっと作り上げることが出来て感慨無量です。

P1150126.jpg

塗装・・・
塗装は例によってあれこれ悩みました。
というのも、当時のボンボンの作例の色味が、自分的にイマヒトツで
かといって色を変えてしまってはXウイングに見えないのでは??
いろいろ悩みまくった結果、配色はそのままに、色味を調整してやることにしました。

後、旧1/100キットに使われていたメッキパーツを意識したメッキ調塗装にも挑戦しています。

本体白・・・ガンダムカラー・ホワイト5 ⇒ Mr.クリスタルカラー:ムーンストーンパール
青・・・ガイアカラー・GP-05 ウルトラマリンブルー
金・・・メッキシルバー ⇒ クリアゴールド
関節・・・Mr.カラースーパーメタリック・スーパーアイアン or スーパーステンレス
部位によってメッキシルバー

デカールはボンボンの作例に準じて再現しています。
羽にでっかく自分の名前を入れてありますが、
本来はここには勇斗と入っています(^^;

自分で作る時は絶対、自分の名前をいれてやろうと思ったので、
実践してみましたw
インレタでは無く、パソコンで自作したクリアシールです。

P1150128.jpg

今年はガンプラを題材としたガンダム作品、ガンプラビルダーズが人気を集めていますが
自分にとってはプラモウォーズが思い出されてとても懐かしく、
熱い気持ちでアニメを見ています。

やはり僕にとってのガンプラバトルと言えばバーチャシュミレーションが原点であり、
プラモウォーズがガンプラの改造に取り組み始めた原点なんだなと再確認した次第です。

まだまだプラモウォーズで作りたい機体はあるので、
これからも積極的に作っていきたいです。
スポンサーサイト
[ 2013年11月23日 19:54 ] カテゴリ:リアルロボット | TB(0) | CM(3)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/11/25 13:15 ] [ 編集 ]
こんちには。以前Xウイングガンダム調査の際こちらをおとずれたものです。
やはりMGのサイズは映えますね。デカールもボンボン準拠とは驚きました。

ここは私も!と作成したものを勝手ながらお披露目させていただきます。
私はボンボン版の作例がコミックス準拠とは思えなかったので、あくまでコミック準拠風に作ってみました。
ただ、下手ものが塗装したものですからパーツのテンションを考えておらず、完成した直後に破裂していきました(爆) 本当は変形させたかったんですがそれもまた夢でした。

今後もBF人気にあやかって、プラリーガーハートを燃やしたいです。
長文失礼しました。

PS 原点は・・・プ、プラモ狂四郎は・・・?!
[ 2013/11/26 23:47 ] [ 編集 ]
>素人らるむさん

こんばんは。
Xウイングガンダム目的で来られる方が居るとはw
MGウイングが素晴らしく出来が良いので、何もしなくてもかっこいいウイングガンダムが出来ましたw

そちらのウイングはHGACがベースでしょうか?
作りこむほど、変形を扱ったガンプラは壊れやすさもアップしますよね。

僕もプラモウォーズは意欲的に取り組んでいきたいですね。

僕にとってのガンプラバトルは、プラモウォーズから始まっているので、
僕にとっての原点ですかねw
[ 2013/11/27 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング