The Mountain Under Blog TOP  >  玩具 >  未来恐獣ガイガン

未来恐獣ガイガン

P1180669.jpg

去年あたりに買ってきて絶賛放置中だったガイガンのソフビ・・・
やっと気候も暖かくなり始め、気持ちよく塗装できる季節になってきましたので
やる気のあるうちに塗ってみました。

ちなみに、怪獣では無く恐獣の、気持ちだけ流星人間ゾーン仕様ですw

P1180673.jpg

P1180672.jpg

P1180674.jpg


塗る前はこんな感じでした▼

tumblr_n1eechpZIC1s81b8oo1_1280.jpg

ものはゴジラアイランド期に発売された物でしょう。
ソフビなので破損はありませんでしたが、中古ショップでもカゴに放り込まれていたせいか
色移りがして使用感大。

造形はかっこいいので、色さえ塗ってしまえば良いものになろうと
確保しておきました。

tumblr_n1eedfS2GJ1s81b8oo1_1280.jpg

放置期間を経て分解。セオリーに則りドライヤーで温めてバラす。

tumblr_n1fzo6I7pa1s81b8oo1_1280.jpg

まずはMr.プライマーサーフェイサーを吹いてみます。
通常のサフより塗膜が強いというウリでしたが、やはりソフビは柔らかいので限度がありましたかね。
塗装後に組み立てる時に塗膜が割れてきました。

tumblr_n1g24g67su1s81b8oo1_1280.jpg

続いて全体にネイビーブルー、陰になる部分にブラックを吹きます。

tumblr_n1g32m8roZ1s81b8oo1_1280.jpg

未来怪獣っぽい未来感を安易に表現したくてブルーパールを吹いてみました。
その後、クリアグリーンを吹いて、青とも緑とも表現されるガイガンの体表を再現してみました。

tumblr_n1qmkli2oc1s81b8oo1_1280.jpg

シルバーの部分はメッキシルバーを吹き、うろこと背びれにはクリアオレンジとクリアレッドを調色したものを吹いてみました。

P1180670.jpg

P1180671.jpg

塗りあげたらこんな感じ。
未来っぽいですか?

P1180679.jpg

イケルかな?と思ってノンマスキングで塗りました。
曲面にメッキシルバーが映える。

P1180676.jpg

P1180675.jpg

腹の電ノコがイカス!

P1180677.jpg

P1180678.jpg

うろこが本来の体表で、青緑の外装は改造されたものなのかなと、想像力を掻き立てられるデザインです。
色味はリボルテックを手本にしながら、自分の好きな様に塗りました。

P1180680.jpg

なんでわざわざ恐獣なのかというと・・・

P1180683.jpg

P1180682.jpg

これです。エヴォリューショントイのゾーンファイターと一緒に並べたかったから!

P1180684.jpg

サイズ的にはゾーンファイターの方がやや大きいのですが、
雰囲気はばっちりです!

P1180686.jpg

ゾーンファイターの方も非常に面白いフィギュアなので気が向いたら紹介したいです。

P1180687.jpg

P1180688.jpg

戦えファイター!ガイガンを倒せ!

P1180689.jpg

P1180692.jpg

ガイガンは倒れたかに見えたが・・・

P1180690.jpg

P1180681.jpg

ガイガン忍法生き返りの術!
ガイガンは両腕の爪がある限り不死身なのだ!

P1180670.jpg

ソフビの塗装はお手軽にできて楽しいですね。
実はゾーンファイターと共に、特撮コレクションのキングギドラと並べたいという夢もあるのですが・・・
さていつになるかは気分次第です。

スポンサーサイト
[ 2014年03月15日 00:10 ] カテゴリ:玩具 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング