The Mountain Under Blog TOP  >  プラモ  >  リアルロボット >  ガンダムRXF-91改

ガンダムRXF-91改

P1120074.jpg

1月の終わりくらいに、ボークス主催の超大河原邦夫コンテストのことを知りまして
締め切りまで時間は短かったのですが、まだ間に合わなくもない!
そう思ってどんな大河原メカが良いかあれこれ考えた結果、
ストックしていたRXF-91改を作ることに決定。

限られた時間の中で最低限の改修を施して完成させました。 P1120065.jpg

RXF-91を作り進めるにあたって、いくつかの方向性が考えられます。
ベタな所だとMGF-91のフレームとパーツを組み込んで今風に作り変えてしまうとかですね。

僕も真っ先に思い浮かんだのはその方向性だったのですが、
いかんせん制作時間は1か月もありません。

根性でなんとかできるだけの気合と体力もないので、
今回はどうしても納得いかない点のみの改修にとどめて制作することにしました。

確かに時代を感じる仕様のガンプラですが、個人的にはプロポーションも可動も許容範囲の良い出来のガンプラだと思います。

P1120067.jpg

P1120070.jpg

どうしても気になった点は以下の4点です。

1 胴体の横幅の広さ(腹部の短さ)
2 首回りのスカスカ感
3 肩軸の貧弱さ
4 手首


主に胴体に改造ポイントを絞って制作しています。
またパッケージ絵や説明書のデザイン画のカッチリした雰囲気になるよう、
全身のモールドを可能な限り掘りなおしています。

P1120075.jpg

このRXF-91“改”はノーマルに対して胸部に追加アーマーが付加されています。
そのせいか、やけに胴体が短くて横に広く感じてしまったので
胴体を腹部と胸部に分解、胸部を2ミリほど幅つめ、腹部も2ミリほど延長してスマートな印象になるようにしています。

P1120083.jpg

首回りですが、このRXF-91はガンダムタイプでよくある“襟”がありません。
デザインを見てもどうもそれらしいものが見えないので、デザインの時点で既にないのでしょう。

それ故に首回りがどうもさびしく、1/100ダブルオーガンダムの襟がぴったりだったので
ほぼそのまま移植しました。
首はMGストライクから拝借。

肩軸はただの棒でこれまたさびしかったので、1/100ダブルオーの上腕関節を移植してマッシブに。

P1120077.jpg

もともとよくできたプラモなので、主に胴体の改造に終始しています。
手は造形的にそのままだと厳しかったので、コトブキヤのディティールアップパーツをセットしています。

P1120082.jpg

P1120086.jpg

モールドの掘りなおしとあわせて、スラスターが多いデザインなので
目立つ箇所のスラスターはWAVEのディティールアップパーツでデコレートしています。

P1120084.jpg


改造前・・・

RXF91 (2)

RXF91 (1)

ご覧通り、無改造でもなかなかのプロポーションです。
この時代のトレンドであるシステムインジェクションで、
ワンパーツでもかなり色分けされています。

まぁ塗装してしまうとありがたみがないのですが・・・

RXF91 (3)

RXF91 (4)

RXF91 (6)

胴体改修の流れ・・・
あまり変わってないような気もしますが、まぁ自己満足の世界かもしれません(^^;)

RXF91 (7)

胴体の改修終了。

RXF91 (8)

久しぶりにポリパテで面修正。
リアスカートの裏のみ、スカスカ感が目立つので埋めています。

RXF91 (9)

塗装・・・


説明書のデザイン画を意識してマーカーの陰影を感じる様なシャドウ吹きや
F-91ならやっぱパール?とか、好きに塗りました。
ソールを青にしたのは試作機っぽさを出すのと、
システムインジェクションで最初から再現されていた赤いソールとの差異を出したかったからです。

ガンダムカラーを主に使用し

本体白:ガンダムカラー・ホワイト5 ⇒ ホワイト+パープルでシャドウ吹き ⇒ ホワイトパール
赤:ガンダムカラー・レッド3
青:ガンダムカラー・ブルー12 ⇒ ガンダムカラー・ブルー11でシャドウ吹き
関節:ガンダムカラー・グレー24
武器系:Mr.メタリックカラーGX・GXメタルブラック


エナメルカラーのダークグレーで墨入れ

後、今回は改修を絞ったのでポリキャップがむき出しになる部分もそのままですが、
ガイアカラーのガイアマルチプライマーを吹いて、ポリキャップにも塗装しています。

ガンダムカラー、リニューアルしましたがカトキガンダム系のブルーは定番入りしないのかな・・・
値上がりしても良いから、今ある色は最低限残してほしいですね。。

シールはキット付属のものを使用し、余白をなるべく切って貼っています。

P1120088.jpg

超突貫作業でしたが、なんとかコンテスト期間内に完成させることが出来ました。
とても入賞は無理でしょうが、このプラモを見てシルエットフォーミュラに興味を持ってもらったり
プラモを作りたいなと思っていただけたら嬉しいですね。

地味な存在のガンダムですが、プラモの出来も良いですし
大河原邦夫さんのテイストを堪能するという意味でも楽しめるシリーズです。

本作と以前に制作したグレートマイトガインをコンテストに出品しました。

3/10まではボークス名古屋SRに、それ以降はボークス大阪SRにて展示されるそうなので
お近くに寄られた方は是非ご覧ください。

スポンサーサイト
[ 2013年03月02日 23:18 ] カテゴリ:リアルロボット | TB(0) | CM(2)
作品みましたー
展示品のほう、拝見してきました。
私は去年にRXF91Aを仮組したのですが、改造の方向性が固まっておらず未完成のまま。中身にどのキットを持って来ようかとか、色は普通にするか烈破の鎧を意識しようか…等。
マイトガインもきれいな塗装でかっこよかったです。
SDガンダムも、これからの作品も期待しています。
[ 2013/03/04 22:06 ] [ 編集 ]
展示品、見ていただけたようでありがとうございます。
RXF91・・・烈破の鎧を意識した塗装というのも面白そうですね!
僕は今回は大河原デザイン縛りのコンテストということで、マーカーで塗ったような雰囲気を目指してみました。

これからも気の向くままにいろいろ作っていきたいと思っています。
コメントありがとうございました。
[ 2013/03/06 00:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング