The Mountain Under Blog TOP  >  プラモ  >  リアルロボット >  アッシマーSPORT

アッシマーSPORT

P1120102.jpg

久しぶりに、人に贈るのを前提でプラモを作りました。
学生時代なんかはちょこちょこそういう機会もあったのですが、
今回は就職してから親しくさせていただいていた同期の友人への贈り物として、アッシマーを制作しました。

多分、アッシマーはよほどのことがない限り、自分でチョイスして作ろうと思う事がなかった機体なので
色々と新鮮な気持ちで作ることが出来ました。

以下、製作記などなど・・・


P1120092.jpg

なぜアッシマーなのかと言いますと、友人との話の流れで友人が「アッシマー良いよね!」みたいな流れになって
プラモを作って贈りますよと言って、そのままになっていたので
友人の退職を機に、いつか作らねばならないと思っていたのを実行しました。

P1120093.jpg

特別な改造はしていないので、特記事項はないのですが
久しぶりにHGUCを組み立てから塗装までこなして、なんてよくできているんだろうという
あたりまえなことを実感しました。

P1120097.jpg

気になる部位が全然なかったので、合わせ目の処理もモールド掘りなおしもやっていません。

P1120095.jpg

P1120098.jpg

無改造な場合に、こだわるとしたらやはりカラーリング。
あれこれ迷ったのですが、車好きな友人に向けて
某社のコンパクトスポーツのカラーリングで塗ってみることにしました。

P1120099.jpg

厳密なチャンピオンイエローではありませんが、原色のイエローをそのまま塗装。
うまくかっこよくなるのか不安もありましたが、ネタ元の配色が素晴らしいので
いらぬ心配に終わりました。

P1120101.jpg

見事に原色しか使っていません。
関節はシルバーの吹きっぱなしで車の部品を意識しました。

P1120100.jpg

先代スイスポのイメージも汲んで、サイドスカートのブラックやガンメタも意識して配色。

P1120105.jpg

部分的にメッキシルバーも使っています。

P1120103.jpg

ライフルは男らしく合わせ目を消さずに処理。

P1120106.jpg

P1120108.jpg

P1120114.jpg

塗装・・・

全てクレオスのメタルカラーを使用。

・本体イエロー:イエロー
・センサー:クリアオレンジ
・脚部:ブラック
・関節:シルバー
・カメラゴーグル:メッキシルバー
・武器、その他:MrカラーGXメタルカラー:メタルブラック

エナメルのダークグレーで墨入れ

可能な限り変形できるように作ろうと思い、関節など意図的に塗っていない個所もあります。
説明書にもABSパーツへの塗装は推奨しませんと書いてありましたしね。

P1120117.jpg

友人へ送る際に、専用の箱も用意しました。
ステッカーを作ってくれた奥さんに感謝。

友人もとても喜んでくれたので、作ってよかったなぁと思います。
制作時間が短くて、あまり手がかけられなかったのですが
プラモの出来のよさに助けられました。

塗装も、こういうカラーリングチョイスもありかなぁと勉強になりましたね。
スポンサーサイト
[ 2013年03月09日 12:49 ] カテゴリ:リアルロボット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング