The Mountain Under Blog TOP  >  プラモ  >  リアルロボット >  PLUMプラアクト/真田ダブルドラゴン

PLUMプラアクト/真田ダブルドラゴン

P1020199.jpg

個人的に応援している、地元・長野のホビーメーカーであるPLUMさんのオリジナルプラモデルシリーズ「プラアクト戦」
この度、プラアクトを題材としたコンテストが開催されたので一ファンとして出ないわけにはいかない!
制作時間は短かったのですが、出来る限りで制作しました。

P1020209.jpg

長野県の誇る武将である真田幸村モチーフのプラアクト・真田をベースに
より力強いスタイリングとなる様、制作しました。
プラアクトを2体使用し、脚部フレームを双頭の龍に見立て背部ユニット化、両肩に腕を増設して左右へのボリュームアップを行い一騎当千の武将を再現しました。

P1020203.jpg

自分でも「またか・・・」という感じなのですが、
どうもキットを複数使った改造をやると腕が余ってしまうのが勿体なくて、
つい阿修羅にしてしまうんですよね(^^;

腕を増やすと武器がたくさん持てたりとか派手にしやすいので、つい多用します。

5月1日(金)~5月20日(水) までは PLUM LIVE SHOP秋葉原さん
5月21日(木)~5月31日(日) までは PLUM SHOP諏訪店さんに実際に展示されており
人気投票が行われておりますので、よろしくお願いします!

WEBからも投票が出来ますのでよろしくお願いします!
http://www.pmoa.co.jp/plaact_contest/event/14.html

P1020224.jpg

真田 + 龍というモチーフは完全に武者仁宇からの刷り込みで、
いっその事、龍に変形できる真田を作ろうか?とも思いましたが、
それだとあまりにもそのままでオリジナリティに掛けるので、龍をユニットの様に携えた姿とし
ボリュームを増す方向でパワーアップ感を演出してみました。

斧と鎖鎌は限定版の武器同梱版のものを使用しました。
急いでいて写真を撮り忘れてしまいましたが、
鎖鎌のチェーンはランナー状態から連結された状態で成型されており、PLUMさんの成型技術が伺えました。

塗装は赤オンリーでパーツごとに色調を変える方向を考えたのですが、
どうもインパクトに乏しいので、ベタですが黒を足して赤が引き立つように・・・

しかし、某フィーバー隊のロボに引っ張られた所も・・・

長野県への思いを込めながら仕立てました!
縁あらば是非、PLUMショップさんにて実物をご覧ください!



P1020223.jpg

スポンサーサイト
[ 2015年05月03日 20:07 ] カテゴリ:リアルロボット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

イベント参加情報
Twitter
ブログランキング